2013年05月06日

ギターのハーモニクス音(n倍音)

IMG_6147.jpg

 さぁ何倍音まで音が出るでしょうか?
 まずは通常通り左指で押さえた場合


 次に、爪楊枝を使って押さえた場合

 裏技(秘技?)情報:
 ハーモニクス、特に高次倍音を上手く鳴らすことが出来ない方は、まずは弦に「触れる位置」を確認しましょう。ハーモニクスでは弦をn分割する地点に触れる必要がありますので、弦長やその値をnで割った値を確認、計算することです。

 次に、弦を「弾く位置」を確認しましょう。上記n分割する地点を「弾いた」のでは上手くハーモニクスが鳴りません。その位置は「振幅ゼロ」の地点だからです。 言い換えると、n分割する地点を「避けた位置」で弾くと良好にハーモニクスが鳴ります。但し、高次倍音になればなるほど、n分割する地点を弾いてしまう可能性が高くなることはギター関係者ならば誰もが体験しているかと思います。
 ではどうするか? これも一々長さを測って対処しなければならないのか? そこで、この裏技(秘技?)が登場します。
IMG_6148.jpg
 そうです。楽器を逆向きにして、狭い方(上の写真では、触れている指の右側)を弾くのです。上の音源は、この方法で音を鳴らしました。これぞ正にコロンブスの卵?(笑)

最後に、4,5,6,7,8倍音を数回繰り返した音源をupします。7倍音は普段耳慣れないので最初は違和感があるかもしれませんが、耳が慣れてくると面白く感じられるかと思います。


posted by koten at 00:08| Comment(0) | 演奏音源 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。